読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Weblog415.

好きなものの話をします

最近買ったCDについて

 最近、文章を書いてない

⇒頭悪くなりそう、てか悪い

⇒最低限の文章力付けて社会人になりたいそうしたい

 

そんな思いから、書いています。

 

衝動の粒子

衝動の粒子

  • fox capture plan
  • ジャズ
  • ¥150

↑なんともエネルギッシュな曲ですね。好きです。結婚したい。

 

 

 

この数日間で、数枚のCDを買いました。

今年はなんか、ツいてる気がします。「おぉ、今CD出すのか」ってところで発売されてくる。手帳の水曜日の列がどんどん黒くなっていきます。

 

CD店にいるときは、倹約精神は棚に上げます。もともとそんな精神は無いけど。

 

つーこって、こんなCDに、無いお金をつぎ込んでみました。

f:id:maru3gjb:20150426020935j:plain

順番に紹介してみます。

ピアノがきっと、好きになる。

‐ fox capture plan "UNDERGROUND"

 

ポスト・ロックジャズと銘打たれる三人組バンド。そのニューアルバムです。

個人的な感想としては、とにかくピアノもドラムもベースもかっこいい。

疾走感がすごい。ロックよりも、ロック。

 

冒頭に紹介した『衝動の粒子』がこのバンドの代表曲といわれている。

このアルバムには、特典DVDのほうでライブ映像として収録されている。

fox capture planのライブ映像を観るのはこのDVDが初めて。

ありえない。速い。ピアノの打鍵がありえない。どんな指をしてんだ。

 

 

 

ピアノっていいな。できたらいいな。

ところで、ピアノは、バンドサウンドにおいて実にいいアクセントになっていると自分は感じる。

 

例えば、

Fear,and Loathing in Las Vegas "Short,but seems Long, Time of Our Life"

UNISON SQUARE GARDEN "harmonized finale"

the HIATUS "Ghost In The Rain"  .......

 

 

 

あげだしたらきりがない。ですが、特に、

Mr.Children "未来"

綾瀬はるか×ポカリスエットのCMでお馴染み。

 

 

二番Bメロ。

 

僕等は予定通りの コースを走ってきた 少なくとも今日まで

 

この部分で、ピアノの波打つような演奏。

一気にサビへ高まっていく感じが、素敵でたまりません。

 

 

I LOVE U

I LOVE U

 

 

 

ミスチルの紹介みたいになってしまったけど、

とにかくピアノはいいよね、由緒あるよね、弾ける人マジカッケーよね、

 

と思わずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

fox capture plan、良い。(まとめた)

 

 

 

話題、米津玄師の新曲。

‐ 米津玄師 "Flowerwall"

ボーカロイドでのミュージッククリエイター、その個人名義活動というかんじ。

ボーカロイドに詳しくないのでどう説明したらいいのか分かりませんが、そんなかんじ。

よねづけんし。

 

Nikon D5500 「これがウチの一眼レフ」篇 30秒 - YouTube

 

CMソングです。小栗旬かっこいい。

 

 

これを観て、"Flowerwall"という曲を知りました。

なんか独特の歌声だと思います。

ちょっと歌詞はまだ理解できてない。

じゃあこのアーティストの何が好きかって、やっぱり歌声なんだと思います。

 

 

あと、絵もなかなか達者で、ジャケットのイラスト、MVのアニメーションイラストなんかも手掛けてしまう。

生粋のアーティスト、といった感じ。


米津玄師 MV「アイネクライネ」 - YouTube

 

これは最近まで東京メトロのCMで流れてた曲ですが、イラスト全部本人がつくってる。

す、すごい。。。

 

 

 

 

4部作、そのはんぶん。

- BUMP OF CHICKEN "コロニー/Hello,world !"

両A面シングルです、でました。

 

2003、"ロストマン/sailing day"

2005、"supernova/カルマ"

2010、"宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル"

 

アニメ・ゲームのタイアップが付くと両A面になる傾向が、無くもない。

 

 

BUMPの両A面は、[壮大なバラード + ロックナンバー]

 

もはやパターンなのか?とも思ってしまう。今回もそうだった。

両A面に限らずとも、例えば,

 

["花の名"&"メーデー"]      ["HAPPY"&"魔法の料理~君から君へ"]

 

発売の仕方といい曲調といい、上にあげたパターンに当てはまると言えなくもない。パターンなんて言葉をあまり使いたくないので、もっといい表現が欲しかった。

 

これに批判の意は全く無い。バランスをとるという意味でそうなるのは必然。

バラードも、ロックも、毎回素晴らしい曲を届けてくれる。

 

余談だけど、どちらかというと、自分は毎回バラードの方を好きになることが多い。

というわけだから、今回は"コロニー盤"を買ってみました。

"Hello,world !"盤も惹かれたけど、もろ『血界戦線』なジャケットだったので、自宅のCDラックに馴染まないと思ったのもある。

 

 

 

曲の印象。

 

 

 

"コロニー"、こころが洗われます。

少なくとも、ぴょんぴょんはしない。

 

寄生獣』は昨日の地上波OAで初めて観ました。おもしろい。

完結編を観てこそ、聴き方も変わってきそうなのでGWにでも観に行きたい。

 

 

 

 

"Hello,world !"、からだが奮えます。

あの間はなんだ、かっこよすぎる。2:57-2:59。

 

プレゼンでも、適度な間(沈黙)が目を惹きつけると言う。まさにこれだ。

そして、ギュイギュイしてる。通して、ギュイギュイしてる。

 

 

 

イントロがない。

二曲とも、イントロが無いんですね。

0:00、歌から始まる。

 

BUMPはイントロの無い曲が恐らく他に比べ多いと思います。

 

"Opening"、"ベストピクチャー"、"ランプ"、"K"、"Ending"、"キャッチボール"、"ハルジオン"、"ダイヤモンド"、"乗車権"、"同じドアをくぐれたら"、"ラフ・メイカー"、"彼女と星の椅子"、"ホリデイ"、"真っ赤な空を見ただろうか"、"東京賛歌"、"プレゼント"、"angel fall"、"トーチ"、"キャラバン"、"Smile(Single)"、"ディアマン"、"ほんとのほんと"、"コロニー"、"Hello,world !"

 

 

計24曲、ですね。見落としなどあると思いますがだいたいこんな感じ。

それでも、シングル二曲とも、ってのはちょっと珍しいなと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ちょっと待てよ、リストアップしてすぐに気付いた。

 

メジャーデビューシングル "ダイヤモンド"も、

一曲目二曲目どちらもイントロがない。

 

しかも、"ダイヤモンド"も、実質両A面シングル。

 

ダイヤモンド

ダイヤモンド

 

 

 

カップリングは"ラフ・メイカー"という曲なのですが、リリース時、"ダイヤモンド"と"ラフ・メイカー"のどちらを表題曲にするか制作陣の中でかなり話し合われたらしい。

 ダイヤモンド (BUMP OF CHICKENの曲) - Wikipedia

 

 

・・・一周してきたんでしょうか。

 

"ダイヤモンド"リリースから約14年半。

人間が生まれてからひねくれるまでの期間が経っていますね。

 

BUMPは変わった(≒変わってしまった)という人は多い。

確かに変わった。そりゃ変わるでしょう。

 

でも、変わってない部分もある。

今回のシングル構成には、なにか意味があるんじゃないかと思います。

まぁ意味はないかもしれません。

 

 

あ、そういえば"ハルジオン"もそうですね。

よくわからなくなってきた。

 

ハルジオン

ハルジオン

 

 

 

音、綺麗、色あせない。

話を最新シングルに戻しますが、

とにかくめちゃめちゃ録音環境は向上してるなと思います。(エラそう)

具体的には、アルバム"RAY"以降。音が綺麗。素晴らしい。

自分は"RAY"だと思っただけで、どの曲・どの頃からってのは人それぞれにしても、きっと同じように感じてる人はいるんじゃないかなーと思ってます。勝手に。

 

 

 

4部作、完結?

雑誌のインタビューである通り、

BUMPは、既出の"ファイター"、"パレード"と、今回の"コロニー"、"Hello,world !"を一連の作品群として位置づけています。

 

寄生獣』主題歌二曲、

アニメ・漫画作品に二曲。

強力なタイアップがつきました。

 

そして、半分はデジタルリリース、残り半分はシングルリリース。

 

内容も、タイアップも、販売方法さえも充実。

こうして整理してみると、BUMP先生、なかなかおもしろいことをしてくれたなあ、と思います。

 

これからも、楽しみにしています。

 

 

 

 

まとめ

 

最近買ったCDを紹介してみました。

 

いい曲ばかりで、毎日楽しいです。

 

 

 

UNDERGROUND アンダーグラウンド

UNDERGROUND アンダーグラウンド

  • アーティスト: fox capture plan フォックス・キャプチャー・プラン,Ryo Kishimoto,Hidehiro Kawai,Tsukasa Inoue
  • 出版社/メーカー: Playwright
  • 発売日: 2015/04/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

 

Flowerwall

Flowerwall

 

 

 

Hello,world! / コロニー(通常盤)

Hello,world! / コロニー(通常盤)

 

 ↑BUMPのCDならではの楽しみ方をしたいなら、通常版一択です。

 DVDはついてこない。けど、安い。自分は持ってない。貸してほしい。